広島県広島市の税理士事務所|沢辺税理士事務所(沢辺会計コンサルタント)
経営理念は、会社の「存在意義」「使命」「旗印」です。会社が、経済社会において存在する理由、価値が何なのかを定義するものです。この使命を果たすために社長は経営をし、従業員はこの旗印を羅針盤として日々の業務を行うのです。|ブログセミナー|広島県広島市の税理士事務所|沢辺税理士事務所(沢辺会計コンサルタント)税理士沢辺勲
当事務所は広島市を中心に営業を行っておりますが、広島県内及び他県のお客様におきましても訪問監査等を行っております。
お電話でのお問い合わせに際しましては、ホームページを見たと言っていただければ、税理士本人がご相談をお受けいたします。
税理士が不在の場合は連絡先をお伝えいただければ、あとでこちらからご連絡致します。

 
 
このたび当事務所の代表が執筆協力いたしました書籍が発刊されました。
◆書籍名 「これ1冊で安心!歯科医院経営の成功手法がわかる本」
◆出版社 株式会社あさ出版
◆価格 2,500円(税別)
◆発行日 2015年7月上旬より 大手書店、インターネット書店Amazonにて発売開始
 
 
〒732-0811
広島県広島市南区段原3-3-27
段原メディカルビル3F
TEL:082-236-3935
FAX:082-236-3936
 

ブログセミナー

このブログでは、税務、経営に関する代表税理士の考え方を
ミニセミナー形式で公開しています。

経営のルールの作り方(1)

2016/08/01 18:46:00  経営
 書店等では、経営に関するさまざまな書籍が並んでいます。アマゾンで「経営」「本」などと検索してみても、「経営の教科書」「小さな会社の経営戦略」「理念と経営」等々・・。見出しだけでも、あらゆる文言で、私たちに「経営とはかくあるべき」と語りかけて来ます。

 しかし、良く聞きます「経営戦略」「経営戦術」という言葉は、学術上、その定義が確立されたものではありません(もともと軍事用語ですからね)。また、実際に経営をする側の立場からしますと、その定義が何なのかは正直どうでもよく、要するに経営のルールつくりの方法がわかればいいのです。

 ・・ということですから、私は経営のルールの作り方、順番を以下の通り(勝手に)定義しております。

(1)経営理念 → (2)経営方針 →(3)戦略 →(4)戦術

 (1)が一番上位に位置する、ピラミッドのようなイメージでしょうか。

(1)経営理念は、会社の「存在意義」「使命」「旗印」です。会社が、経済社会において存在する理由、価値が何なのかを定義するものです。この使命を果たすために社長は経営をし、従業員はこの旗印を羅針盤として日々の業務を行うのです。この経営理念が大黒柱としてまず中央にドーンと立っていないと、例えば営利目的のみに走ったあげく顧客が離れ、倒産という事態になる可能性があります。存在意義のない会社は、社会から必要とされていないのだから、中長期的には必ず消滅します。自然の理ですから、仕方ないと思います。

 大企業の経営理念を見てみますと、例えばキリン株式会社は、「飲みものを進化させることで、みんなの日常をあたらしくしていく」です(同社ホームページより抜粋)。いいですよね。飲料を売るのが使命ではなく、日常を新しく、元気にしていくことが真の使命だと言っているのです。この経営理念があれば、何か商品開発で迷いが生じても、「あたらしいもの」に向かってチャレンジするんだ、という方向に迷わず向かっていけるわけですから、従業員の方も働き甲斐があると思います。
 
 (2)(3)(4)につきましては、また次回、お話させていただきます。

コメント

コメントはありません
 
〒732-0811 広島県広島市南区段原3丁目3番27号 段原メディカルビル3F
TEL:082-236-3935 FAX:082-236-3936

Copyright(c)沢辺税理士事務所(株)沢辺会計コンサルタント All rights reserved